AKB48ファンの為の携帯情報サイト android版 iPhone版

AKB48ファンの為の携帯情報サイト android版 iPhone版

TOP > 記事

AKB48 にアクシデント?

カテゴリ: AKB48情報
人気アイドルグループ・AKB48の前田敦子ら選抜メンバー12人が26日、開催中の『第3回沖縄国際映画祭』宜野湾会場に急きょ参加し、チャリティトークとライブを行った。5000人以上を収容するステージ前のビーチ広場には、入りきれないほどの観客が詰めかけ、熱い声援を送った。

 東日本大震災の被災地へ希望を送るという映画祭の趣旨に賛同し、前日に急きょ、会場入りが発表されたAKB48メンバーたち。まずは、この日の午後のチャリティトークに前田、篠田麻里子、峯岸みなみ、指原莉乃、河西智美、北原里英の6人が登場。朝早くから会場に押し寄せた大観衆の歓声を受けながら、前田は「被災地へのチャリティーということで、私たちが少しでも力になれればと思って来ました」、篠田は「AKB48がイベントで沖縄に来るのは初めて。皆さんに会えてうれしいです」とあいさつした。

 今回が初の沖縄訪問になった指原と北原はテンションが上がりっぱなし。トークの途中、突然、河西が椅子からひっくり返って落ちるアクシデントがあると、メンバーみんなで大笑いして盛り上がり、篠田は「あっちゃんがこんなに笑うのを見るのは久しぶり」。ステージから温かい笑いを振りまいた。トークではほかに、海外公演でのエピソードや、メンバーの間で流行っていることなどを話し、最後に「休みがあったら沖縄に遊びに来たい」と全員で語って締めた。

 その後のライブステージには、小嶋陽菜、宮澤佐江、高橋みなみ、大島優子、秋元才加、横山由依が加わり12人でパフォーマンス。大島は、AKB48の震災復興支援活動『誰かのためにプロジェクト』のなかで、チームAの代表曲であり、公演の本編ラストなどでも歌っている「誰かのために」をチャリティーソングとして配信し、その収益を寄付することを発表した。その後、12人で「ヘビーローテーション」「誰かのために」「桜の木になろう」を熱唱し、被災地へ力強いメッセージを送った。


AKB48ワンダー情報
板野ちゃんの寝顔
嵐のなんでも恋愛情報
【特典生写真付き】タイトル未定(初回限定盤)

ページTOPへ
サイトTOPへ
RSS